作者一覧へ戻る
西田幸博 木工 ミニュチュア ツリーハウス
菓子メーカーでは技術職。
結婚後、海外赴任先のアメリカで「ミニチュア」に出会う。
もともとモノづくりが大好きだったので、家族にはドールハウスなど作って喜ばれる。
伴侶の大病で看病のため早期退職。妻亡きあと、「いつかは木工の作品作りを」と二人で語ったことを思い出し、ツリーハウスづくりを始める。
今では各地のクラフト市などでもひっぱりだこで、番組放映後は全国から注文が殺到し、嬉しい悲鳴の毎日を送っている。
注文主の夢と希望を随所に盛り込んだ作品はすでに100点に及び、100人分の夢を体現している。

プロフィール/略歴
1956年生まれ。神戸市在住。

展示内容
 人生の楽園
「西田幸博のツリーハウス」 クリスマス展
2017年11月19日(日) 〜 12月19日(火)
 

今回はテレビ番組「人生の楽園」で紹介され好評を博した西田幸博さんのミニチュア ツリーハウスです。
本物の木の枝を使い、その間に作りこむ小さなログハウスはとてもリアルで、いろいろと想像がふくらみます。
今回は秋、冬、春と季節の移ろいを表現した3基のツリーハウスが並びます。
加えて、アメリカはDepartment 56社のミニチュア クリスマス・ビレッジがクリスマスの雰囲気を盛り上げます。
どちらも販売あり。
クリスマスのプレゼントにも・・・


Department56
社 プロフィール
アメリカ、ミネソタ州に本社を置き、贈答品やクリスマスを彩る豊富な品々で知られている。
中でも代表的なセラミック ライトハウスはデザイナーたち自身が原型となる型を自身で彫刻し納得したものだけが生産地に送られ、その型のみを使用して焼き上げている。
すべてハンドメイドペイントによって色づけられ、左右対称ではなく、後ろ姿まで本物さながらに作られている。
ライトが点灯するミニチュアハウスならではの温かい光をハウス全体から醸し出す作品。